母の着物の処分の方法は?

母が亡くなった時に遺品整理出てきた着物を処分するにはどうすればいいのか、悩んでしまう人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今は普段私たちが着ることがないためあまり馴染みがありませんよね。しかも取り扱い方も分からなければ保管方法もわからない。

私の娘も着ないだろうし、一体どうしよう?と思って混乱してしまいます。近所の方に相談してみても、今のこの時代着物を着るようなご家庭はほとんどありません。

そのため、あまり相談してみても意味がなかったりして物事が全く進展しなかったりしますよね。

しかも母の着物の処分を考えているような時って、遺品整理を進めていてとてもバタバタしているような時。

そうなるといろいろ情報収集をしているような時間もありませんよね。家族に相談してみても、あまりまともに取り合ってもらえなかったり、心無い人がいる時には捨てちゃえばいいんじゃないの?何ていう一言が出てきたり。

「私の母の遺品として出てきた着物なんだからもっと大切な扱いをして欲しいのに!」と怒りっぽくなってしまうこともあるかもしれませんね。

確かに着物を処分するだけであれば捨ててしまえばそれで解決です。

しかし大切な母が大事に保管してきた着物なんだから、少しでも丁寧に扱ってくれる人に譲ってしまいたいと思うのが人情というものでしょう。

そこでオススメしたいのが着物買取の専門業者に下取りしてもらうことです。

専門業者であれば着物の価値を適正に判断してくれますし、故人の大切にしてきた着物だということを伝えればそのことを十分に理解してくれ、普段以上に大切に着物を扱ってくれることでしょう。

しっかりとしたスーツに身をまとって、ブランド品を扱うときにつけるような清潔な白色の手袋をしたうえで母の大切にしてきた着物査定してくれます。

そこまで大切に扱ってくれるのであれば、母の着物を処分する私たちにとっても心苦しさを感じることはありません。

つまり専門業者に買取をお願いすることは、金額的にもメリットがありますし、より丁寧に母の着物を扱ってくれると言うメリットもあります。

そして買い取ってもらった先はただお金に変わるだけではなく、着物を必要としている人の手に渡って実際に使われるという嬉しさがあります。

ここで処分せずに手元にとっておいたとしても、この先10年20年と長い間一度も袖を通されることなくただタンスの中に眠っているだけなんてことも十分起こりえるわけです。

そうなるとその着物のは本当に嬉しいのでしょうか?

自分がもし着物の立場になってみたら、ずっと暗いダンスお腹で誰にも使われることなくたたまれているのが嬉しいとは絶対に思いませんよね。

そう考えると着物を買い取りに出すのは、皆にとってメリットがあることがわかります。

私が着物買取をしようと思った理由はご近所さんが使ってみたという人がたまたまいて、とても良かったと言っていたからです。

実際私も使ってみましたがとても丁寧に扱ってくれたので家族みんなで納得のいく遺品整理を進めることができましたよ。

ちなみに私が教えてもらったのはバイセルですが、もしあなたの身の回りで他の着物業者が良かったなんていう話を聞いているのであれば、そちらでも全く構わないと思いますます。

自分の納得のいく専門業者に着物を扱ってもらいましょうね。

↑ バイセルはこちら。無料です。 ↑

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

© 2019 着物買取のバイセルで祖母や母の遺品の着物を処分 rss