着物を着なくなったらどうする?

着なくなった着物をどうしよう? 悩んでいる人は多くいらっしゃると思います。

母からもらったり、お花やお茶をやっている知り合いからもらったり、様々な理由があるとは思います。

しかし昔に比べて今は着物を着るという習慣自体が少なくなってきています。着物を着付けるのも大変ですし、それが毎日ともなればとても時間がかかることです。

しかもその着物を活かせる場所というのも少ないのが問題ですよね。

もしこれまではどこかできるタイミングがあったりして着物を着ていたかもしれませんが、環境が変わったり状況が変わったりして着物は着なくなったという場合は、その着物を生かすことはできなくなってしまいます。

昔は着物を着て生活するのが普通でしたから、毎日着物を着ていました。しかし今は世の中には衣類が溢れていて、いいものを長く使うという感覚がなくなってきています。

その結果、同じものを長年使い続けるという着物文化は少なくなっていきました。そのため着物を着なくなったと言う人が増えても全くおかしいことではありません。

それではその着なくなった着物をどうしようかということですが、他の着物を着るという人に譲ってあげるのが一番誰もが幸せになる正しい処分方法だと思います。

なぜなら、着なくなった着物をタンスの肥やしにしてしまうのは着物がかわいそうですし、もし他に利用者がいるのであれば、その方に大切に使ってもらった方がこちらも嬉しいですし、着物も本望だと思います。

しかし、都合よく着物が欲しいという人が目の前に現れないのが現在の日本。先ほども言ったように日常的に着物を着る人なんていないからですね。

そこでオススメなのが着物買取業者に下取りに出す事です。専門業者であれば適正な価格を提示してくれますし、素人とは違って丁寧に大切に着物を扱ってくれます。

私は遺品整理の時に着物買取業者にお願いして下取りをしてもらいしましたが、対応がとても良くて家族みんな納得のいく着物処分ができました。

着物専門業者は買い取った着物を他の着物を求めている人に販売するという形で生計を立てていますので、着物を必要としてい人によって、これからも長い間使用され続けていくことができます。

こうすることで、みんなにメリットがある方法で着なくなった着物を処分することができます。

ちなみに私が利用したのはバイセルですが、こちらはご近所さんがたまたま遺品整理の時に着物の買取をお願いしたところ、とても良かったと言っていたので私もお願いしたものです。ご参考になれば。

↑ 公式ページから無料査定してみる ↑

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

© 2019 着物買取のバイセルで祖母や母の遺品の着物を処分 rss