祖母の遺品で着物があったときどうすればいい?

祖母の遺品がたくさん出てきてどうしようと悩んでいる方もいらっしゃると思います。

生前に何を処分して何を残して欲しいのかというようなことを伝えておいてくれればまだマシなのですが、あまりそこまで丁寧に教えてくれる人もいませんよね。そして困るのは残された私たち。

結局、形見としてとっていくようなもの以外は、処分するほかありません。 亡くなった形のものを処分するのってとても心が痛みますよね。

しかしそうもばかりは言っていられないのが遺品整理です。色々な物を整理していると子供の小さかった頃の思い出などが蘇ってきたりして、手が止まってしまったりするものです。

しかし、もし処分しなくてはいけないものが多すぎたりとてもそんな余裕がないという非常事態には、専門の業者にお願いしてしまうのも手です。

→ 遺品整理なら【七福神】。お焚き上げも対応してくれます。

普段から祖母が生前整理などを進めてくれていれば安心して身内だけで処分を進めることも可能ですが、実家から距離を離れていたり、あまりにものが多すぎたり雑然としている場合は、いっそのことを業者にお願いしてしまうほうが現実的です。

それに祖母の昔の面影などを見たりする必要もないので、心が痛まないというメリットもあります。

どうしてもここだけは。というところだけ身内で遺品整理を進めた上で、ここからはお願いします。というような形で引き継ぐのも可能です。

そこでひとつアドバイスがあるのですが、遺品整理をしていてもし着物が見つかった場合は、それは専門業者に買取をお願いしたほうがいいです。

なぜなら、遺品整理の専門業者は大量のものを処分するのが仕事ですので、一つ一つのものの価値はあまり判断してくれません。

しかしもしかすると着物は高価な物で、高い買い取り金額がつく可能性もあります。そしてきっと大切に保管されていたケースがほとんどだと思います。

色々な遺品が数多くあると思いますが、中でも着物は特に大切に扱われるものの一つだと思います。

そうなると、さすがにそれだけ大切にしていたものを一緒くたに処分してしまうのもちょっと気が引けますよね。

そんな時には、高価に買い取ってくれる可能性のある着物買取専門業者に下取りをお願いしてみましょう。

そうすれば値段もさることながら、祖母が大切にしていた着物だということを買取業者の査定員にお伝えすれば、より一層丁寧に下取りを進めてくれることでしょう。

このように祖母が大切にしていたものを他の人にも大切に扱ってもらうことで、私たち処分する側の心も痛まずに済みます。

なにせ大事な祖母が長年にわたって大切に扱ってきた着物を、とても丁寧に扱ってくれるのをこの目で見ることができるからです。

そしてその着物は、着物を求めている方の手に渡ることになります。

そうすればこの先も長い間大切に扱われ、そして実際に使用されるという、着物にとっても嬉しい一生を送ることが可能になるでしょう。

そう考えると、着物を専門業者に預けることは悪いことではないと思うはずです。

私も着物買取業者にお願いしようと思ったきっかけはご近所さんが使ってみてとても良かったという口コミがあったからです。

私が利用したのはバイセルですが、他の業者で良い口コミを聞いたことがあるのであれば、その業者を利用してみてもいいと思います。

もし興味があるのであれば、あなたも利用してみてはいかがでしょうか。

↑ 公式ページから無料査定してみる ↑

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

© 2019 着物買取のバイセルで祖母や母の遺品の着物を処分 rss