着物買取で宅配を使うメリットとデメリット!

着物を売ろうと思った時思いつくのが、リサイクルショップなどに持ち込みするのが一般的なのではないでしょうか。

しかしちょっと考えるとかさばるので持ち運ぶのがとても不便だったり、安い価格で買い叩かれたりしてしまう恐れがあるので踏み切れなかったりしますよね。

確かにその通りで、普段着ない高価なものはプロの査定員に見てもらわない限り適正な価格で買い取ってもらう事は難しいです。

そこでオススメなのが宅配サービスです。どういうことかと言うと、売ろうと思っているものを全てダンボールなどに梱包して専門の業者に送ってしまうだけです。

しかも、査定を申し込んだ段階で業者からダンボールなどの梱包用セットを郵送してもらえますので楽チンですよ。

つまり自分で梱包用の段ボールなどを買ったりする必要がないということですね。宅配なら手間もかかりませんしお金もかからないのでとても便利なシステムだと言えます。

また、宅配サービスを使うメリットは他にもあります。それは人と直接やり取りする必要がないということです。

査定員の人が自宅に来た時に、もしかしていろいろ話をしなくちゃいけないんじゃないかと思うと、ちょっとイヤだなと思ったりしませんか?

処分を希望する方の中には、人とお話しするのがあまり得意ではなかったり、できれば人を自宅に上げることなく処分してしまいたいと考えている人もいると思います。そんな時にも宅配のメリットは発揮されます。

一方で、宅配サービスのデメリットもあります。それは配送量が多くなりすぎると、梱包作業が大変になるということです。

引っ越しをする時のようなイメージで、多くのダンボールに囲まれての梱包作業は結構骨が折れるものだということがイメージできると思います。

また、すぐに現金が欲しいと思っている場合には宅配は不向きですね。

その理由は、どうしても郵送などのやり取りの時間が発生するので、直接自宅に査定に来てもらってその場で現金買取してもらうものに比べると、どうしてもお金に変えるまでが時間がかかってしまいます。

以上が宅配に関するメリットやデメリットについてでした。これらの特徴を踏まえた上で自分に合った方法を選びましょう。

そして、顧客満足度1位のバイセルは宅配を実施しているので、気軽に査定依頼をするところから始めてみましょう。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

© 2019 着物買取のバイセルで祖母や母の遺品の着物を処分 rss